転勤 引越し 準備

引越し一括見積もりはこちらで!

転勤の場合、引越しまでの時間が少ない

ダンボール

転勤の辞令が出てから、引越しまで2ヶ月もあるなんてことはあまりないですよね。

 

辞令が出てから1週間で引越し・・・なんていうこともあります。

 

ただ転勤の引越しの場合は会社都合で行うものですから、会社負担が原則です。

 

個人的な理由での引越しに比べ、全額が自己負担ということがないのですが、全額会社が負担してくれる場合と会社負担の上限が決まっていて足が出た分は自己負担しなければならない場合がありますから、会社にしっかり確認する必要があります。

 

転勤の費用に関する就業規則は会社ごとに違っていますので、きちんと確認してから準備するほうが賢明といえるでしょう。

 

単身赴任で引っ越すのか、家族全員で引っ越すかによっても、準備は違ってきます。

 

単身赴任の場合は荷物も少ないですし、手続きなども少なくて済みます。

 

それが家族全員で引っ越す場合は多くの手続きも必要になってきますよね。

 

どちらにしても転勤による引越しは時間があまりないと考えたほうがいいでしょう。

 

いざという時に慌てないために、引越しの大まかな予備知識を持っていたほうがいいと思います。

転勤の多い春は引越しシーズンのため、価格が高い

転勤に限らず、大学に入学したとか、就職したとかで引っ越す人が多く、3月、4月は引越し料金が高めに設定されています。

 

こちらの都合のいい日に引っ越したくても、引越し業者を見つけることも大変なのがこの時期です。

 

だからといって簡単に決めないで、数社に相見積もりを出してから決めることをオススメします。

 

近距離の場合は引越し料金も少なめで済みますが、東京から大阪などの長距離の引越しになると引越し料金も高額になるからです。

 

引越し業者は安ければいいわけではありません。

 

きちんとした引越し専門の業者を選ぶことが大切ですが、やはりいくつかの会社に見積もってもらってから決めたほうがいいでしょう。

 

ネットで一括で数社に、簡単に大まかな見積もりが取れますのでそれを利用するといいでしょう。

 

だいたい5社くらいが平均で多い人は10社くらいに見積りを出す人もいるようです。

 

高級な家具屋美術品などある場合は、サービスの行き届いた大手の引越し業者へ、子供も小さく、家具も高いものがないなどという場合は中堅の引越し業者、あるいは半々に見積もりを取るとか、自分のライフスタイルに合わせて引越し業者を選ぶといいでしょう。

 

転勤の引越しは他の引越しを違って、時間的余裕が少ないので「安心・快適なサービスを選ぶ」を重要視している人が多いようです。

訪問見積もりは重要!

ネットで数社に見積もりをとってもらっても、正確ではありませんから、必ず見積もりをとった中から2〜3社ほどに絞って訪問見積もりをしてもらいましょう。

 

電話の対応がいいとかも重要ですよ。

 

ネットでの見積もりだけだと、後々トラブルのもとになりますので、実際の荷物を見てもらって見積もりを出してもらいます。

 

単身なら1時間程度、家族で引っ越しなら1時間半から2時間程度とって、1日にまとめて見積もってもらうといいですね。

 

その際、別の業者にも見積もってもらうことを伝えておくといいと思います。

 

最初に来た営業の人がダンボールなどを置いていこうとしても受け取らないようにしましょう。

 

サービスですとか言われても、別の業者にした場合、実費で送り返したりしなければならないことがあるからです。

 

引越し業者を決定したら、それ以外の業者には速やかに断りの連絡を入れましょう。

 

引越し業者を決めたら、見積書が契約書と同じになりますので、しっかり確認する必要があります。

 

業者名・日程・住所・運賃・実費・荷物リスト・作業内容・養生・梱包資材・付帯サービス・特記事項・貨物保険・料金など、しっかり確認しましょう。

 

引越しには手付金は必要ありません。

 

要求されるようなことがあったら、その引越し業者は断ったほうがいいでしょう。

引越準備の総合サイト

引越し 準備