転勤 引越し 単身

引越し一括見積もりはこちらで!

単身赴任の場合も相見積もりをとったほうがお得

お子さんの学校や介護などの関係などで、家族で引っ越せないときには単身赴任になりますよね。

 

引越し業者でも多くが単身パックなど、一人暮らしや転勤者用のプランを用意しています。

 

日通なら引越しの専用ボックスを使い、荷物量に応じて単身パックS・L・Xなどがあり、荷物がある程度あって長距離の引越しの場合は単身パックXなどを使うといいでしょう。

 

クロネコヤマトには単身赴任用の引越プランがあります。

 

それは「単身引越ジャストサービス」です。

 

あわただしい単身赴任の引越しをしっかりサポート!

 

長距離の引越しの場合でよく利用される、混載便はいつ届くのかわからなかったのですが、ムダな輸送コストを削減できる「2M3単位の料金設定」と「ユニットロード方式(BOX輸送)」によりスピーディーで経済的な配送を可能にしたこのプランで600km圏内なら、翌日配送(一部エリアにより翌々日以降)で、集荷・配達時間も9:00〜18:00の間ならジャストタイムの時間指定が可能です。

 

スタッフ2名による荷物の搬出入、資材の提供・回収からテレビ・洗濯機のセッティングまですべて含まれています。

 

クロネコヤマトのスタッフは対応がいいので評判がいいようです。

 

引越のサカイも単身パックがあり、梱包用の段ボールを最大50個まで用意してくれる上、ハンガーボックスも無料で貸してくれます。

 

荷造りから荷解きまで、引越し作業のすべてをプロのスタッフが担当してくれる「らくらくAコース」と荷造りから搬入までをお願いできる「らくらくBコース」、引越し料金を節約する「せつやくコース」などがあります。

 

サカイは全車両自社保有で自社採用のサービススタッフなので安心です。

 

ダック引越センターには引越しの特売日とかもあります。

 

どの引越し業者を選ぶにしても、まずは相見積もりをとってからですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

転勤になったら 引越準備マニュアルTOPへ

引越準備の総合サイト

引越し 準備